• maruhone

椎間板ヘルニアは手術不要|八戸ISEカイロ


椎骨に押し出された椎間板内の髄核が脊髄神経を圧迫して起こる椎間板ヘルニア。その度合いにもよりますが整形外科では手術によって髄核を摘出したり椎間板そのものを削ったり椎骨同士を金具で固定する処置をします。しかし、ヘルニア自体は元々体内にあったものだから切り取る必要はありません。当院では仙骨・脊椎・骨盤矯正を行うと椎間板も髄核も正常な位置に戻り上記の症状が消えることが確認されています。


0178-20-9779   

vivacehone@hotmail.co.jp