• maruhone

夜尿症(おねしょ)|八戸ISEカイロ


夜尿症(おねしょ)の原因は、1.夜間の尿量が多い、2.夜間の膀胱容量(膀胱にためられる尿の量)が少ない、3.睡眠障害または覚醒障害がある、などです。眠っている間に作られる尿の量が膀胱にためられる量を超えても目を覚ますことができないと、夜尿が起こる。通常、夜間の睡眠中は尿の量を減らす抗利尿ホルモンの分泌が増加し、尿量が昼閒の60%程度に減少する。また自律神経の作用で、夜間は膀胱容量が昼間の1.5〜2倍に増える。しかし、この2つの機能が未発達だと、睡眠中の尿量が膀胱容量を超えて尿意が発生する。当院では仙骨脊椎骨盤矯正で自律神経の働きを整え夜間の抗利尿ホルモンの分泌を促し症状の改善を行っています。

0178-20-9779   

vivacehone@hotmail.co.jp