• maruhone

壊すは容易、治すは至難|八戸ISEカイロ



私の妻はステンドグラス職人。制作はもとより画像のように壊れてしまった作品の修理も引き受けます。ガラスは美しさゆえに繊細なもの。取り扱いを間違えれば簡単に壊れてしまいます。その修理には知識と技術と長年の経験・センスが必要です。ガラスを切る、削る、半田溶接。簡単そうに見えますがとても手間暇かかる作業です。身体も同じ。壊すのは容易、治すは至難。どちらも大事に扱えば長持ちします。

0178-20-9779   

vivacehone@hotmail.co.jp