• maruhone

八戸ISEカイロ…オスグット病について


オスグット病.椎間板ヘルニア.むち打ち坐骨神経痛の八戸ISEカイロです。 膝蓋骨の少し下方の脛骨結節に痛みと腫れを生ずる症状。 膝を伸ばす動作は、大腿の前面にある大腿四頭筋が収縮して、脛骨結節が引っ張られて起こる。 しかし、この部分は成長期ではまだ軟骨の部分が多くて弱いため、繰り返し引っ張られることで骨や軟骨の一部が剥がれます。 これが、オスグッド病です。ISEカイロでは仙骨を中心に骨盤.脊椎.大転子.膝蓋骨周辺を磁気的矯正することで精妙なバランスを取ることが可能であり患部にかかる負担を減らし修復の有余を与え子供さんの場合骨形成を促します。大人の症例もありますが圧倒的に骨の柔らかい成長期の子供さんに多いのが特徴です。

0178-20-9779   

vivacehone@hotmail.co.jp