• maruhone

ムズムズ脚症候群|八戸ISEカイロ


ムズムズ脚症候群は、じっと座ったり横になったりすると、主に脚にムズムズする、ぴりぴりする、かゆみ、痛みなどの強い不快感が現れる症状です。特に夕方から夜間にかけて症状があらわれるケースが多く、睡眠障害の原因にもなりやすい病気です。原因は脳内の神経伝達物質であるドパミンなどが症状の発生に関与するとされ〝ストレスレッグ症〟とも言われ診療科目は精神科や心療内科等です。当院の仙骨脊椎骨盤矯正は脳内物質の分泌バランスを整えることが確認されており症状改善のお声をいただいています。

0178-20-9779   

vivacehone@hotmail.co.jp